まなやの気まぐれサイクリング日記

ロードバイクをヨボヨボ頑張るスポーツ初心者のアラサー女

憧れと理想と現実と。 全日本ロード備忘録

お久しぶりですこんにちは。
気がついたらブログを放置したまま、結構な期間が経過…。
物事を継続するということは簡単なようでやはり難しい。
その事に関しては、 ヒルクライムのストイック王子である田中さんを
心の底から尊敬する。(ストイック王子は勝手に命名した)


さて、意図的に触れるのを避け続けてきた6月の全日本について
そろそろレポというか感想を記しておこうと思う。
あまり良いものでは無いけれど。


全部が終わって落ち着いて。
冷静に当時の状況を分析できる、今だからこそかけた
全日本を走るまでの自分の情けない、正直な気持ちと感想です。
ぶっちゃけもう無かったものにしたかったし、
向き合いたく無かったけれど、ちょっとは頑張った結果だから。
イヤイヤではあるが、備忘録とする…。


頑張っている人や目標がある人は
ぜひ反面教師にして、もっと上だけを目指してほしい所存。

 


友人に即発され、 いつの間にか自分の中で漠然とした目標になっていた
全日本選手権大会への出場。
3月の西チャレで、命からがら出場権を獲得してから当日まで、
嬉しい気持ちと現実味の無さとでとてもふわふわした気持ちだった 。


漠然とはいえ、 自分の中で目標としていた大会への出場権を得る事ができて
嬉しくないはずがないけれど、すごく失礼ではあるが
『あ、こんなあっさりと達成できてしまうのか。』 というがっかり感もあった。
色々と全てが終わった後に冷静に考えてみたら、
私の中では『全日本に出場すること』が目標であって、 自身のレベルも認識していたし
例えば完走などの結果を残すことは一切目標としていなかったし、 興味もなかった。
本当に出ることだけにフォーカスしていたから、 叶ってしまった現実に満足して
燃え尽きてしまうのは、私の性格上、明らかな事であった。


例にもれず、” 憧れのレースに出場できるんだ!!”という安心感に、
仕事の環境が変わったことも合わさって、 口では頑張ると言いつつも
心の中で全日本へのモチベーションはどんどん薄れていった。
練習もする気にならないし、 DNFでいいから早く終わってほしいという
気持ちの方が大きくなっていく。
周りには自分で宣言した手前、『全日本走るの楽しみ!!頑張る! !!』とは
言っていたけれども、心の中では重荷になる一方で。
日にちが近づくにつれて、どんどんやる気が無くなっていた。

 


自分が全日本を走っていいようなレベルで無いことは自覚していた 。
けれども、自分の中のつまらないプライドが、 高すぎる理想の自分像と
現実の自分の落差を認めさせてくれなかった。


しかし時間がすぎるのは早いもので、 あっという間に大会当日になった。
練習していない言い訳として仕事が忙しいことがとても役に立って くれた。
自分のやる気が無かっただけなのに。


心の中では全くやる気のない自分を偽って、頑張ります!! って周囲に言うことは
とても簡単だった。けれど、 心の中にどんどん黒いものが溜まっていった。
応援してくれている人たちを騙しているような罪悪感、 復活しないモチベーション
なんで全日本なんて目指したんだろうって、完全にふてくされて。
でもしょうもないプライドで走ったっていう事実だけは残したくて 。


以前のような、憧れの大会を走れる! というキラキラした気持ちよりも
本気で大会を狙っている人もいるのに、 本気で目指している人もいるのに
自分はなんて失礼な事をしているんだろう… という罪悪感の方が大きいまま
6月22日、12:00にスタートラインを蹴った。

 


f:id:mnzojsn:20180815214159j:image

Photo by とよかつさん

ありがとうございました😊



結果はもちろん散々で。でも終わったことで、 とても救われた気持ちだった。
ああ…やっと終わってくれたって。


自分のレースが終わった以降の3日間は、普通に観光を楽しんだ。
レースの観戦やサポートを楽しんだ。
久しぶりに解放された気分で、とても楽しかった。
現実は何にも縛られてなくて、 苦しくしていたのは自分のしょうもない
プライドだけだったのに。


憧れであった友人からは、 結局頑張れの一言もお疲れ様の一言もなかった。
『全日本あるってわかってるのに、 なんで練習しないんだろうって思ってた。』
とだけ言われた。

 


終わったばかりの私は、去年応援してあげたんだから、 応援してくれるだろう
という相手への勝手な期待から、 怒りの気持ちが湧いてケンカになった。
でも諸々終わり、当時の自分の状況とか気持ちとかを
冷静に振り返れる今になって、目標としているレベルや、 かける思いは
人それぞれ違うからしょうがないんだって消化できた。

 


そんな感じで、すごく情けない状態で走った憧れの舞台は
私のこれからの自転車への向き合い方を考えるきっかけをくれた。
全日本の少し前に大切な人もできて、 しばらくレースとかライドから
一切離れてみて、まだ競技者として頑張るのか、 サポート側にいきたいのか
それともまるっと自転車から離れてしまいたいのか。
いろいろと思うところはあったけれど、 最後はやっぱり自転車が好きだという
思いに行き着いた。

 


本気になって上を目指すほどのモチベーションもポテンシャルも
正直全く無いけれど
無謀なライドを思いつきでやってみることや、
ちょっとしたレースを楽しみたいなって気持ちはまだあるし、
それに、頑張る人を応援やサポートすることも、 自転車を本気で頑張りたい人が
安心して競技に専念できるような環境を作るサポートしたいなって いう
気持ちもある。

 


今まで何も取り柄がなかった私に、結果や状況はアレとはいえ
全日本に挑戦するきっかけを、 こうやって色々考えるきっかけをくれた
色んな意味で人生を変えるきっかけをくれた自転車には感謝して、
これからもダラダラと楽しみつつ関わっていきたいな~ っと漠然と考える。


そんな今日この頃でございます。


f:id:mnzojsn:20180815214258j:image

終わってホッとした顔。

Photo by とよかつさん

 


応援してくれた皆様には、せっかく頑張れって言ってもらったのに
こんな情けない、低い志で走っていたこと、 心の底から謝りたいです。
ごめんなさい。身分不相応すぎる挑戦でした。
甘い考えでした。

 

 

 

 


どちらかというと、苦い思いの方が大きかった今回の無謀な挑戦。
ほんまに情けない結果だったけれど、自分のしょうもなさと
ありありと向き合っただけだけど、 目標を叶えたっていう部分だけは
少しだけ自分をほめてあげたいと思う。

 


レースレポとか書けるような結果ではなかったので
本当感想で終わりになってしまったけれど。
やっと6月から引きずっていたモヤモヤをおろせた…。
少しスッキリ!!!!!


今はまだ暑すぎるし、頑張る気にはならないけれど
だんだん季節も秋めいてきたし、少しずつ秋~冬を楽しむために
また走り始めよう。

 

 


みなさまもどうぞ、自分の納得できる、 楽しくやれる範囲で自転車生活を
楽しんでね!!!!!


ぶつかっても、道を逸れても、 足を止めさえしなければ進み続けられるから、
フラつきながらでも、自分の目指す前に進んでいきまっしょい。

 

 

そういえば、自転車とは関係ないけれど

あおいちゃん(ウサ)

が無事に7歳のお誕生日を迎えてくれました✨🐰


f:id:mnzojsn:20180815214543j:image

 

そして、もう一匹。家族が増えました



f:id:mnzojsn:20180815214741j:image

名前はもりすけ

ハイキュー!!の音駒高校、リベロの夜久衛輔から。笑

 

 

まなやと愉快な仲間たちもよろしくお願いします。


ではでは
夏バテにお気をつけて!