山生まれHIPHOP育ち まおじ

スポーツ初心者のアラサー女がロードバイクでヨボヨボ頑張っています

Chapter 2の乗り比べをしてみた話【TERE・RERE】

 

お久しぶりですこんばんは。

最近アナログで日記を書き出したら

ブログを全く書かなくなってしまった。

いいんだか悪いんだか。笑

 

先月のしもふさクリテの後、予想通り

風邪が大幅悪化して、気管支炎⇒咳喘息と

最悪な流れになり、ドクターストップも受け

5月中はほとんど乗れないで終わった。

なのでパワーメーターをつけたりと

自転車をちょいちょいいじって終わった。

 

そんなこんなで気がつけば6月。

全日本選手権までいつの間にか2週間程度。

自分が全日本走るなんて、まだ実感沸かなくて

フワフワしてる… けど、せっかくだから

楽しんで、強い方たちの胸を借りてこよう!

 

 

さてさて、現状報告はこのくらいにしまして本題。

 

ご存知の通り、昨年のサイクルモード

一目惚れしたCHAPTER2のフレームを

使用しているが
先日、5月の終わりにCHAPTER2のローンチイベントに
誘われて行ったことをきっかけに、今まで使用していた
フレームモデルの”TERE”から、新たに開発されたモデルの
”RERE”に乗りかえた。

全日本という一応目標にしていた大きい大会を目前にして
乗り換えという選択をしたことや、実際に乗ってみた
感想をワラワラとかいてみたい。

 

 

 


基本情報として、私の身体的スペックは
154cmの女性
純日本人らしく、手足は短めデザイン

ハンドルはボントレガーを、コンポは6870の
Di2内装を、ほいーゆはレーゼロアルミを
サドルはスペシャのPowerを使用しております

 

 

 

パーツとか形状とか作りには全く興味なくて
ポジショニングもいつも自分のフィーリング、
本当に見た目だけで自転車を選んでいるミーハー一般人の
意見なので、感覚的だったり視覚的だったりだけの感想に
なっておりますが、そこはご愛嬌で(^o^)

 

 

 

まずは見た目。(ともにXSサイズ)

 

写真を見てもらえばわかるように特徴的なものとして


TERE…ホリゾンタルフレーム
クラシカルなデザインで景観に溶け込みやすそうなイメージ

 
f:id:mnzojsn:20180613141215j:image

 

RERE…エアロデザインフレーム
シンプルで、よりレーシーなデザイン全体的にシュッとしてる
(ブレーキはダイレクトマウント?だよ!!!!)


f:id:mnzojsn:20180613141234j:image

 

 

 

 

もともとCHAPTERグリーン?ブルー?が気に入って買ったので
今回のREREちゃんはその要素が若干薄いのが
最初はネックではあった…
自転車は性能よりも見た目で選ぶおじさん。

 

 

けれど低身長な私にとって、ホリゾンタルのフレームに乗るには、
多少体に負担な部分があったのは正直なところ。

 


今回REREはよりレーシーなエアロデザインを目指したそうで
TEREに比べて、18%なにかを削減したらしいけど
何を削減したのか全くきいてなかった。爆笑
特徴であったホリゾンタルデザインから、細身でスローピングしたトップチューブに、
従来の太いダウンチューブ形状から薄く、エアロ感ある形状に。

 

また、TEREの標準装備はちょっとエアロ感ある角度のついた
シートポストだったんだけど、(後にオフセットのシーポスが
別売りされた。)
REREは前後にひっくり返すことで、角度のついた形状としても
オフセットとしても、両方使えるようになったので
ポジションの幅がかなり広がり、低身長の私でもポジションが
ほぼドンピシャで出せるようになった!!!これはかなり大きくて。

 


今まではサドルを限界までおろしても、ハンドルまでの距離が遠くて
ぱっと見た感じ、自転車に乗られてるな~って感じのポジションで。
なおかつ、ペダリングも力が逃げてる部分もあるなって言うのは
自分でもすごく感じていて。
第一、せっかくホリゾンタルなのに、こだわるわけじゃないけど
落差もないしで、少しかっこ悪い感は否めなかった…。笑

 

 

今回REREのセッティングをして、フレームのトップチューブ
長さは自体は伸びたんだけど、シーポスをオフセット向きで設定することで、
XSサイズなのに、こんなにポジションってしっくり来るものなの…!と
感動するくらいにドンピシャなポジションを出すことができた。


乗っていてもそれは明白で。ペダリングが圧倒的に楽になって
前ほど一生懸命力を込めて踏まなくても、スィーっと進む感じが
ものすごい!!!!!(語彙力)

 

 


あとはポジションがしっくり来ているって言うのもあると思うけれど
ストップからゴーの時の加速性がREREの方が
優れているように感じられた。
漕ぎ出しからスピードに乗るまでがすごく楽。

 

とにかく乗っている間の力みが薄れた気がする。
これはきっと、ポジションがしっくりきているというのも
大きい部分はあるのだろうけれど。

 


あとは何より見た目の問題。多少にはなるけれど、
落差が少し出るようになったのはかなり大きい。
見た目はやっぱり大事よね。笑 自転車乗りにとって。

 


今回は本当にギリギリのタイミングではあったけれど
結果として、私はREREに乗り換えて吉と出た気がする。

 

 

個人的な意見だけれど、
”TERE”は、手足が長くて、身長もそこそこあって、
街乗りや趣味としてのライドが多く、レースよりも
単純に自転車に乗ることを楽しみたくて、性能も
見た目にもこだわりたい人には最高の相棒になると思い、
“RERE”は、お手頃な値段でレーシーなバイクがほしいけれど
身長などがそこまで高くなくて、乗れるバイクが少ないけど、
あまり人と被りたくなかったり、オールラウンドに使いたかったり
という人には最高の相棒になってくれると思う。

 

 


今回、たまたま両方の自転車を乗り比べる事ができて
たまたまREREが私にはあっていたよ!というだけで
決してTEREが劣っているというわけではないので!!
実際、デザイン的にはTEREの方が気に入っているのである( ˘ω˘)

 


結果としても、TEREにのって半年経たないくらいで
確かに体に無理して乗っていたところはあったけれど
乗り換えてすぐに
・大磯クリテ 優勝
・味スタクリテ 3位
・東京-大阪キャノボ 完走
・ウィンターロード 3位
・とりでクリテ 2位
・西日本チャレンジ 11位(全日本ラインクリア!)
・しもふさクリテ 5位

とそこそこな結果を残してくれているしね!!
すごく優秀なフレームで有ることは間違いないのです。
(だんだんポンコツ化してきているな…笑)

 


そんな感じで本当にざっと書いたけれど…。
もし、購入を迷っているって人がいれば、REREを
見せるのはもちろん、お試しで乗ってもらって
も全く構わないので(^o^)

第2の人生を始めたい人の背中を押すきっかけに
なったらイイネ!

TEREちゃんは”カラアゲ”という名前だったし
REREちゃんは”テンプラ”かな~。考えなきゃ。

 


さて、あと1週間に迫った全日本!!!楽しんで、派手に散ってくるぞー!!!

 

 

 

 


おわり