山生まれHIPHOP育ち まおじ

スポーツ初心者のアラサー女がロードバイクでヨボヨボ頑張っています

選択肢は少ないほうがラク

先週。
これからの人生を大きく左右するであろう
大きな選択をした。

普段は即断即決派の私が、
初めて、たった一つの決断をすることに
かなりの思考と検討と時間を費やした。

結果、望んでいた長野へのReturnとは真逆の、
東京に住むことを継続する選択をした。

選んだ道は、茨の道であることは見えているが
後悔はしていない。”自分で決めたことだ”と
胸を張って言える。
途中で挫折する結果になったとしても
今回この選択をしたことはきっと間違いではない。

自分の選択を正解にする生き方をしていきたい。

今回は三つの選択肢の中で頭を悩ませていたんだけど
それでも選択肢が多すぎると感じた。

生きていく時に、”選択肢”ってあった方が
良いものに感じられるけれど
実際は選択肢が少ない方が、ラクに生きられるのかもしれない。

行動心理学に「ジャムの実験」というものがある。
どんなものか簡単に書くと
・24種類のジャム
・6種類のジャム

選択肢の違いに対する購買率を見るもので、
24種類のジャムの売り場への立ち寄った人の購買率は
たったの3%であるのに対し
6種類のジャムのそれは30%にのぼる。
という実験結果だそうだ。

選択肢が多すぎると、行動をするために必要な
認識や比較に脳の処理が追いつかなくなり
選択を先延ばしにしてしまう。というのが解のようだ。
人間の内部構造はA.I.のように短期間では
変化できないということですね

実際に、化粧品や服を選ぶとき等の行動を考えると
なるほど確かに。と納得できる。

人生は選択の連続だとはよく言ったもので
進学や就職など誰もがぶつかるものを始め
生き方やライフスタイル、たくさんの選択によって
今の自分が作られている。


誰かに与えられた選択肢の中で
いいと思うものを選択して生きていく。
それはラクではあるけれど、”誰か”の枠の外に
出ることはできない。

自ら何かを開拓していく中で複数の選択肢を見つけ
自らの選択でその中のどれかの道を進んでいく。
こちらの方が苦しいけれど達成感はある。

どちらがいいのかは人それぞれで
きっと答えなんてないと思う。

けれど私はこれからも新しい箱をたくさんあけて
たくさんの選択肢と出会い、悩みぶつかり
生きていく方を選んでしまうのかな。となんとなく思う。( ˘ω˘)


そんなわけで今週いっぱいで所沢を去り
東京23区民デビューとなる。
まさか自分が23区に住む日が来るとは
これっぽっちも思っていなかった。
人生何が起きるかわからない

住むところは変わっても、私という人間は
一切変わることはないので
これからもご指導ご鞭撻のほど…? いや
生ぬるく行方を楽しんでもらえたらうれしいな!🤘


ちょっと真面目になりすぎたかな。笑
最近は引っ越しの準備にてんやわんやで
自転車にまたがっていないし、ローラー梱包したし。笑
外に出てもゆるポタしかしていなくて
黄色信号ピピー👮!!!!!
でも、やっぱり楽しいね!ゆるポタ

 


f:id:mnzojsn:20180328111656j:image



f:id:mnzojsn:20180328111725j:image


f:id:mnzojsn:20180328111745j:image


f:id:mnzojsn:20180328111801j:image

とか言ってもいられないので、

ゆるっとエンジンかけましょう。

 



春眠暁を覚えず○。_(-ω-_ [ ▓▓ ]